カードローンとキャッシングの違い

消費者金融やクレジット会社のサービスでキャッシングというものがあり、近年では銀行でもカードローンというサービスがあります。
この2つの概念にどのような違いがあるのか説明してみましょう。
まず、キャッシングは、通常、消費者金融やクレジット会社にお金を借りることをこのように言います。
貸し出し枠が設定されると、枠内で何度でも借りられ、金利を付加して返済します。
カードローンとは、銀行で主に行われるサービスで、キャッシュカードにローン機能が搭載され、貸し出し枠内でお金が借りられるというものです。
金融機関の普通預金口座のキャッシュカードがそのまま利用でき、また、専用のローンカードを利用することもできます。
銀行のローン商品でありながら、金融機関が指定する保証会社が保証にあたるため、必然的に保証人不要で、担保設定もなくお金が借りられる仕組みで金利については通常の銀行ローンに比べて高めに設定されています。
キャッシングに関してもほとんど変わらぬ概念でお金を借りると考えて良いですが、カードローンとキャッシングの圧倒的な違いとして、審査に違いがあります。
消費者金融でお金を借りる場合、家族や配偶者に定期収入がある人がいれば、借入が可能です。
しかし、銀行のカードローンを利用する場合、学生や主婦などでは、個人名義の大口定期預金などがある場合や同居親族に相当量の金融資産がある場合などを除き、保証会社の保証が受けられず、信用が低く、カード発行がされないことが多いでしょう。
金利は消費者金融に比べてわずかに低いのですが、定期的に金利を見直す為、金利が上昇するリスクがあります。
万が一返済が遅れると保証会社の代位弁済となり銀行への債務から保証会社の債務へと変わります。
ここで言う保証会社は大抵、グループ傘下の消費者金融であり、金利条件もそちらに準ずるということとなります。
その時点でキャッシングと同様になりますが、これは返済事故となりますので、その後の借り入れができなくなるでしょう。