カードローンを借りる際に注意するべきこと

カードローンを利用してお金を借りた場合、返済時に注意するべきなのはどのような点でしょうか。
まず1つは、期日を必ず守ることです。
遅れそうな時には、あらかじめ連絡しておくのがお勧めです。
もう1つ注意すべき点は、返せなくなった時は、必ずカードローン会社に相談をして、返済計画を見直してもらうことです。
もし期日までに入金がなかった場合は、オペレーターの個人名で、1日に2度ほど督促の電話がかかって来るようになります。
できればこの時点で、入金を済ませるようにしましょう。
そのまま電話を無視すると、督促状が送られてくるようになります。
これもそのままにしておくと、カードローン会社から訴訟を起こされ、全額一括返済ということにもなりかねません。
また、延滞金もかさみますし、延滞が3度続けば、ブラックになってしまいます。
放っておくことのメリットは全くありませんし、むしろデメリットの方が大きいわけです。
そのような事態を避けるためには、早めに入金しておくか、計画を見直すかのどちらかの方法を採るようにしましょう。
それでも難しい場合は、弁護士や司法書士に依頼して、債務整理を行うことになります。
債務整理は、一定期間内に分割で返済を行う任意整理や自己破産といった方法があり、定収入や売却できる家財道具がある場合は任意整理、そうでない場合は自己破産がいいでしょう。
また、特定調停といって、自分で裁判所に申立をして話し合いを行い、分割返済する方法もあります。
しかし、やはり借りたお金は返すものであり、そのためには、自分の収入で返して行けるだけの金額を借りるのが一番です。
借り過ぎが心配という場合には、消費者金融のカードローンを利用するといいでしょう。
消費者金融には総量規制があるため、年収の3分の1に当たる金額を借入限度額としています。これはすべての消費者金融の借入に適用されますので、限度額以上を借りることはできず、その分使いすぎもまた抑えられるというわけです。